美容外科の看護師として働く上で必要なスキルは三つになります。一つは美容施術のスキル、二つ目は営業、販売のスキル、三つ目は看護師としてのスキルです。それぞれに細かく見ていくと、まず美容施術のスキルについてですが、エステティシャンやアロマセラピストなどの資格を持っているといいでしょう。美容施術のスキルとして提示できる資格は基本的には民間の資格なので、比較的簡単に取得することができますし、知識も十分に付くので、それらを十分に生かすこともできます。もちろん、転職の際にもかなり有利になります。

次が営業、販売のスキルです。場合によってはお客様にオススメのコースを提示したり、美容関連の商品の購入を勧めることもあります。病院などではそのようなことはしなかったと思いますが、クリニックとしてはそれらが必要になる場合もあるので、お客様を不快にさせずにいかに売り込むかというスキルがあると、いい成果を上げて評価を得ることができます。

最後の看護師としてのスキルは、これまでの勉強や経験から相当身に付いているはずです。特に臨床経験やオペ室勤務などの経験があると、かなりのうまみがあります。これまでの経験を活かすなり、これから目指そうと考えているのなら、チャンスがあればこれらの仕事を受けるように心掛けましょう。